和歌山の水管橋崩落 5日ぶりに送水開始 - 産経ニュース

メインコンテンツ

和歌山の水管橋崩落 5日ぶりに送水開始

送水開始を伝える和歌山市の担当者=8日午後10時37分、和歌山市有本
送水開始を伝える和歌山市の担当者=8日午後10時37分、和歌山市有本

和歌山市の紀の川に架かる六十谷(むそた)水管橋が崩落し、大規模断水が発生している問題で、市は8日夜、近くの別の橋で進めていた迂回(うかい)の仮設水道管敷設工事を完了し、通水を始めた。

水管橋崩落 市長点検不備認める 危機管理に甘さも

市によると、いったん川の北側の配水池4カ所に水を一定量ためた上で、各家庭へは9日午前に送水を開始する予定。断水は順次解消するとしている。

ただ、各家庭への送水後に濁り水などの恐れもあるため、9日いっぱいは飲用への利用を控えるよう呼びかけている。

市では、3日に水管橋が崩落して以降、紀の川より北の市域で約6万世帯約13万8千人に断水が発生している。