自民の衆院新潟2区は細田氏 鷲尾氏は比例へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民の衆院新潟2区は細田氏 鷲尾氏は比例へ

自民党新潟県連は8日の選対会議で、次期衆院選新潟2区の公認候補を比例北陸信越ブロック選出の細田健一氏とし、現職の鷲尾英一郎氏を同ブロックの名簿最上位に処遇するよう党本部に上申すると決めた。県連によると、鷲尾氏は7日、面会した県連幹部に比例転出の意向を示した。

前回平成29年衆院選の新潟2区では、旧民進党出身で無所属の鷲尾氏が勝利し、細田氏は比例復活した。その後、鷲尾氏は自民入りし、2人の公認争いが続いていた。

会議後、柄沢正三県連筆頭副会長は、鷲尾氏の比例転出に関し「熟慮し、後援会と協議した末の決断だと思う。(公認争いが)決着をみて安堵(あんど)している」と記者団に述べた。