音楽と宇宙コラボ 京大花山天文台で喜多郎さん演奏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

音楽と宇宙コラボ 京大花山天文台で喜多郎さん演奏

花山天文台=京都市山科区
花山天文台=京都市山科区

「アマチュア天文学の聖地」として親しまれている京都大の花山天文台(京都市山科区)で16日、シンセサイザー奏者として世界的に活躍する音楽家、喜多郎さんらによる野外コンサートが開かれる。大学の予算削減で存続の危機にある天文台を応援しようと平成25年から実施。今年は無観客だが、支援のためクラウドファンディング(CF)に協力した人に映像が配信される。

コンサートは、喜多郎さんの演奏と宇宙映像を連動させたライブ「古事記と宇宙」のほか、醍醐寺(伏見区)の僧侶らが経典に旋律をつけて唱える「声明(しょうみょう)」を披露、声明と喜多郎さんの特別共演が予定されている。

映像はCFで有料の視聴権(5千円から)を申し込んだ人に、18~31日にオンライン配信される。喜多郎さんは「声明とのコラボは今までにない試み。コロナの状況から一歩前に踏み出すメッセージが伝われば」と期待を込めている。

CFサイト「THE KYOTO」で花山天文台を検索し、支援内容を選ぶ。申し込みは15日まで。問い合わせは、花山天文台(075・581・1235)。