首相「日本にとって誇り」 ノーベル物理学賞の真鍋氏とオンライン会談 - 産経ニュース

メインコンテンツ

首相「日本にとって誇り」 ノーベル物理学賞の真鍋氏とオンライン会談

真鍋淑郎氏へ祝意を伝える岸田文雄首相=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
真鍋淑郎氏へ祝意を伝える岸田文雄首相=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は8日午前、地球温暖化をコンピューターで予測する気候モデルを開発し、ノーベル物理学賞を授与される米プリンストン大の真鍋淑郎(しゅくろう)上席研究員とオンライン会談した。首相は「日本にとっても大きな誇り。何よりも若い人たちに大きな励みになった」と祝意を伝えた。

首相の祝意に対し、真鍋氏は「実は、ノーベル物理学賞をもらうとは夢にも思っていなかった」と心境を明かした。若手研究者や子供たちに対するメッセージとして「一番、研究する原動力になるのは好奇心。気候変動は実に面白く、やればやるほど興味が尽きない」と語った。

首相は「子供たちも幅広い関心を持てるような教育環境を作っていかなければいけないと感じた。10兆円の大学支援ファンドを作ろうと思っている」と応じた。