新観光特急「あをによし」 近鉄、来年4月下旬から - 産経ニュース

メインコンテンツ

新観光特急「あをによし」 近鉄、来年4月下旬から

新型観光特急「あをによし」のイメージ(近畿日本鉄道提供)
新型観光特急「あをによし」のイメージ(近畿日本鉄道提供)

近畿日本鉄道は8日、京都と大阪、奈良を結ぶ新型観光特急「あをによし」(4両1編成)を、来年4月29日から運行すると発表した。乗車の際は運賃と特急料金のほか、数百円程度の特別料金が必要になる。

週6日運行。午前の始発は大阪難波から近鉄奈良を経て京都へ。その後、京都と近鉄奈良を2往復する。午後の最終は、京都から近鉄奈良を経て大阪難波で終点となる。

「あをによし」は和歌で「奈良」に掛かる枕詞。車両は、1970年代に造られ、今年2月に定期運行から引退し「スナックカー」の愛称で鉄道ファンらに人気だった特急車両12200系を改造して使う。

奈良が都として最盛期を迎えた8世紀の天平年間をイメージし、高貴な色とされた紫色を外装の基調とする。床のじゅうたんには、奈良時代に建てられた世界遺産・正倉院で保管されていた当時の宝物を、柄としてあしらう。