冷凍保管ワクチン244人に接種 奈良・高取

新型コロナウイルスワクチン接種の様子 =大阪府
新型コロナウイルスワクチン接種の様子 =大阪府

奈良県高取町は8日、町内の診療所で、冷蔵して保管すべきだった米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを冷凍した上、町民ら244人に接種したと明らかにした。健康被害は確認されていない。町は全員の抗体検査を行う。「管理方法の周知を徹底し再発防止に努める」としている。

町によると、冷凍で保管されたワクチンは特別養護老人ホームの入所者や職員への優先接種や、町民らへの個別、集団接種で使用した。ファイザー社のマニュアルは、医療機関に冷蔵での保管を求めている。診療所側の認識不足が原因という。診療所の看護師が5日、町に連絡した。