阪神、勢いの差明確 「天王山」初戦で自力V消滅

【ヤクルトー阪神】試合に敗れ引き揚げる阪神の矢野監督=10月8日、神宮球場(水島啓輔撮影)
【ヤクルトー阪神】試合に敗れ引き揚げる阪神の矢野監督=10月8日、神宮球場(水島啓輔撮影)

勢いの差はあまりに明確だった。阪神は8日、2・0ゲーム差で臨んだ「天王山」のヤクルト戦で出はなをくじかれた。

前回の登板まで27イニング連続無失点を続けていた先発高橋が村上に先制打を許すと、二回は2死から西浦に左翼ポール直撃のソロを被弾。さらに1-2の五回には1死二、三塁から塩見の2点適時打で点差を広げられ、この回限りで降板。「大事な試合で先発させてもらった中で、試合を作ることができず申し訳ない」とうなだれた。

打線は奥川に対し、大山のソロ本塁打による1点がやっと。自力優勝が消滅したが、シーズン最後まで粘る戦いを見せなければファンは納得しない。

矢野監督は「終わったことは変えられない。どんな状況になっても俺たちの野球を見せていく」。ファイティングポーズを崩さず、必死に食い下がっていくしかない。(上阪正人)