西武、隅田を1位指名へ 12球団初の公表

西日本工業大・隅田知一郎=6月7日、神宮球場(田村亮介撮影)
西日本工業大・隅田知一郎=6月7日、神宮球場(田村亮介撮影)

西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は8日、編成会議後に取材に応じ、11日のドラフト会議で西日本工大の隅田知一郎投手を1位指名する方針を明らかにした。今年のドラフトに向けて1位指名を公表するのは12球団で初めて。

チームは先発左腕が補強ポイント。隅田のゲームメークする能力を高く評価し「今年のリストに上がった選手の中では一番と、満場一致の評価。うちの戦力を鑑みた中で、この投手しかいない」と説明した。

競合した場合の抽選役は未定としたが、2009年に菊池雄星(現マリナーズ)、10年に大石達也を6球団の中から引き当てた自身の出番は「(運を)もう使い果たしている。多分ない」と話した。