中国、国慶節連休の旅行客数前年割れ コロナ前比で3割減 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国、国慶節連休の旅行客数前年割れ コロナ前比で3割減

国慶節を迎えた1日、北京市中心部に位置する繁華街の王府井には多くの観光客の姿がみられた(三塚聖平撮影)
国慶節を迎えた1日、北京市中心部に位置する繁華街の王府井には多くの観光客の姿がみられた(三塚聖平撮影)

【北京=三塚聖平】中国文化観光省は7日夜、国慶節(建国記念日)に伴う1~7日の大型連休期間中の国内旅行客数が、前年同期比1・5%減の延べ5億1500万人だったと発表した。新型コロナウイルス流行前の2019年と比べると3割減。連休前に国内の一部都市で感染拡大が起きており、旅行を控えた人が多かったとみられる。

観光収入も前年同期比4・7%減の3890億6100万元(約6兆7300億円)だった。19年比で4割減。連休前に黒竜江、福建の両省などで感染力が強いデルタ株の散発的な感染拡大が発生。旅先の都市で感染者が出ると隔離生活を求められることもあるため、地域をまたいだ旅行を避ける動きがあった。

国慶節は、1~2月の春節(旧正月)と並ぶ休暇時期。特に旅行シーズンであるため、足元で弱含む景気への影響が懸念される。