深田恭子「キュンが止まらないです」 “てっぺん”目指すピアノ対決に 

切ない表情でピアノに聴き入る深田恭子(C)フジテレビ
切ない表情でピアノに聴き入る深田恭子(C)フジテレビ

5月に適応障害を公表し芸能活動を休止。先月下旬に主演映画「劇場版 ルパンの娘」(武内英樹監督、15日公開)の完成披露イベントで4カ月ぶりに復帰した女優の深田恭子(38)が、9日放送の土曜プレミアム「TEPPEN2021 秋」(後9・0、フジテレビ系)にゲスト出演する。

芸能人が特技を披露し、その分野でのナンバーワンを決める番組。今回はピアノ、ダンスの2種目で“てっぺん”を競う。深田はピアノ対決のゲストとして小沢真珠、松任谷正隆らと登場する。

ピアノに向かい全集中の元AKB48・松井咲子(C)フジテレビ
ピアノに向かい全集中の元AKB48・松井咲子(C)フジテレビ

5度の優勝歴があるが、ハラミちゃんに連続で敗れ、悔しさをバネに練習を積んできた元AKB48・松井咲子、19歳の最年少出場となる現役音大生アイドル・後藤理花(ザ・コインロッカーズ)、初出場の若手女優・新條由芽、17年以来の優勝を狙うフリーアナウンサー・杉浦みずきらがそろう。

「炎」(LiSA)、「三原色」(YOASOBI)など時代を反映する30のヒット曲から2曲を選び、ミスタッチ・プレッシャー決戦となる「ゲームステージ」、表現力や正確性などで採点される「フリーステージ」の合計点で“てっぺん”を決める。

それらをすべて聴いた深田は、美しい音色に「キュンが止まらないです」とうっとりした表情。緊張感漂うスタジオでのピアノ対決を見守った。

ダンス対決には、リベンジを誓うグローバルボーイズグループ・JO1のダンスリーダー、川尻蓮、東京五輪の開会式で話題となったピクトグラムの“中の人”MASA、連覇を目指すアクロバットパフォーマー・浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)らが出場する。

MCはネプチューン。

(産経デジタル)