燕サヨナラ首位固め 山田、快足飛ばし内野安打 - 産経ニュース

メインコンテンツ

燕サヨナラ首位固め 山田、快足飛ばし内野安打

【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 ゴロを放ち、一塁を駆け抜けるヤクルト・山田哲人(左)。野手は巨人・若林晃弘=神宮球場(長尾みなみ撮影)
【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 ゴロを放ち、一塁を駆け抜けるヤクルト・山田哲人(左)。野手は巨人・若林晃弘=神宮球場(長尾みなみ撮影)

7日に行われたヤクルト-巨人は、1-0でヤクルトが勝った。

劇的なサヨナラ勝ちが決まると、殊勲の主将がいる一塁を中心に歓喜の輪が広がった。九回2死二塁、ヤクルト山田の打球は巨人の遊撃、坂本の前へ。俊足を生かして内野安打とし、決勝点を生んだ。「打った瞬間は終わったなと思った。全力疾走して勝ち取ったヒット」と山田は胸を張った。

数少ないチャンスを得点に変えた。八回までは巨人投手陣に安打ゼロと抑え込まれた。突破口を開いたのは塩見。九回1死から「とにかく熱い気持ちで入った」と左前へのチーム初安打で出塁すると「成功確率が高い」とすかさず二盗。「後ろにはいい打者がいる。必ずかえしてくれる」。山田が打った瞬間に快足を飛ばし、本塁に生還した。

3位巨人との3連戦で、勝利への執念を足で示して白星を重ねた。5日は村上が一塁にヘッドスライディング。6日は中村の適時打にオスナが一塁から本塁へ激走した。この日も塩見と山田が「粘って1点を取る」というチームの姿勢を足で体現した。

8日にもマジックが点灯する。神宮に阪神を迎える3連戦を前に、「明日からが大事。優勝を目指してがんばる」と山田。迷うことなく頂点まで駆け上がる。(五十嵐一)