立民、女性政策充実を公約 不妊治療の保険適用推進 - 産経ニュース

メインコンテンツ

立民、女性政策充実を公約 不妊治療の保険適用推進

記者会見する立憲民主党の枝野代表=8日午前、国会
記者会見する立憲民主党の枝野代表=8日午前、国会

立憲民主党の枝野幸男代表は8日の記者会見で、女性政策の充実を訴える衆院選政権公約を発表した。不妊治療の保険適用推進や経済的理由で生理用品が買えない女性への支援が柱だ。今回が公約の第10弾で、最後となる見通し。来週にも公約集としてまとめ、発表する方向だ。

枝野氏は「わが国の男女不平等は特に深刻だ。女性はさまざまなところでしわ寄せを受けている」と強調した。

衆参両院や地方議会での男女比を是正するため、男女同数化(パリテ)を目指す方針や、女性研究者比率の引き上げを盛り込んだ。公約第2弾に掲げた選択的夫婦別姓制度の早期実現とドメスティックバイオレンス(DV)被害を受ける女性の支援を改めて記した。

刑法の強制性交罪での暴行・脅迫要件や同意年齢の見直しも明記した。