外貨資産運用にESG導入 財務省、長期の収益向上 - 産経ニュース

メインコンテンツ

外貨資産運用にESG導入 財務省、長期の収益向上

財務省
財務省

財務省は8日、外国為替資金特別会計(外為特会)の外貨建て資産の運用に、企業の環境や社会問題への取り組みを重視する「ESG投資」を導入すると発表した。持続的な成長が期待できる企業への投資を通じて長期的な運用収益の向上につなげる。13日にワシントンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で報告する。

財務省は市場に影響が出かねないとして、具体的な運用額は明らかにしていない。外為特会は政府が過去に行った為替介入で得た外貨資産の運用益が原資となっている。

鈴木俊一財務相は閣議後の記者会見で「他の主要国や民間などの広い分野で同様の取り組みが加速し、環境や社会問題の解決につながることを期待する」と述べた。