西日本シティ銀と糸島市、地方創生へ連携協定 - 産経ニュース

メインコンテンツ

西日本シティ銀と糸島市、地方創生へ連携協定

包括連携協定を締結した西日本シティ銀行の村上英之頭取(右)と糸島市の月形祐二市長
包括連携協定を締結した西日本シティ銀行の村上英之頭取(右)と糸島市の月形祐二市長

西日本シティ銀行と福岡県糸島市は8日、地方創生に向けた包括連携協定を締結した。同市が掲げる九州大学と連携したまちづくりや創業支援などに同行が持つ情報やノウハウを生かす。

同市は「糸島サイエンス・ヴィレッジ」構想を掲げ、近隣の九州大学が保有する研究成果を実用化につなげ、研究者らと地域住民の交流拠点となるまちづくりを目指している。同行は進出企業の調査や起業家への創業支援などで構想実現をサポートする。

このほか、観光振興や移住・定住の促進などの分野でも情報発信やセミナー開催などに取り組む。

同市内のホテルで協定の締結式に臨んだ同行の村上英之頭取は「地域金融機関として持つノウハウやサービスを最大限生かして、糸島市が目指すまちづくりの実現に向けて積極的に取り組む」と述べた。

同市の月形祐二市長は「行政だけでは解決できない社会課題に対応できる」と連携に期待を寄せた。