現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月8日

「中国は2025年にも台湾への侵攻が可能になる」。台湾の国防部長(国防相)は、6日の立法院(国会)での答弁で警戒をあらわにした。中国軍機による台湾の防空識別圏(ADIZ)への進入も連日繰り返されている。

▼中国による軍事的圧力が強まるなか、台湾に対して欧米諸国からの支援の動きが目立ってきた。フランスのリシャール元国防相ら超党派の議員団やオーストラリアのアボット元首相らが相次いで訪問し、蔡英文総統と会談した。日米両国の議員の訪台も頻繁である。

▼香港や新疆ウイグル自治区での人権弾圧を改めない中国に対する批判の声が背景にある。民主主義の価値を共有する台湾に共感する機運も高まっている。ただそれだけではないだろう。

ランキング

  1. 【産経抄】11月30日

  2. 【主張】中国のコロナ抗議 独裁体制の欠陥は明白だ

  3. 【主張】電動キックボード 混乱招かぬルール整備を

  4. 【正論】基盤的防衛力構想の呪縛を解く 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  5. 【浪速風】エスカレーターでは立ち止まれ

  6. 【産経抄】11月29日

  7. 【正論】宗教少数派と信仰自由について 東京大学名誉教授・平川祐弘

  8. 【北京春秋】大学生に流行る「集団四つんばい」

  9. 【産経抄】11月28日

  10. 【主張】レーダー照射問題 尹政権も反日続けるのか

会員限定記事