岸田首相、追加経済対策の策定指示 コロナで打撃の事業者支援など柱 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田首相、追加経済対策の策定指示 コロナで打撃の事業者支援など柱

閣議に臨む岸田文雄首相(中央)ら=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
閣議に臨む岸田文雄首相(中央)ら=8日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は8日の閣議で、新型コロナウイルス禍に対応した追加経済対策の策定を関係閣僚に指示した。成長と分配の双方に目配りした「新しい資本主義」に向けた政策も盛り込む。19日公示の衆院選後に裏付けとなる令和3年度1次補正予算案を編成する。

首相は新型コロナの感染拡大防止を対策の中軸に掲げ、医療提供体制の確保やコロナで打撃を受けた世帯や事業者への支援を指示。困窮世帯支援では非正規社員や女性、学生などに絞った現金給付を検討する。地域や業種を限定せず、事業規模に応じた事業者向けの給付金の支給も議論する。

ワクチン接種済証などを活用した経済活動再開や、ワクチン・治療薬の国内開発も後押しする。

「新しい資本主義」の起動に向けては科学技術立国、地方活性化、経済安全保障、子ども・子育てなどの4分野に予算を重点化。コロナ禍収束後の経済成長を視野に対応を進める。

首相は追加経済対策について「数十兆円規模」としており、規模は膨らむ見通し。鈴木俊一財務相は8日の記者会見で「与党と連携しながら質の高い予算を作る」として、1次補正の年内成立を目指す考えを示した。