サッカー日本代表がサウジアラビアに敗戦、0-1で1勝2敗に W杯アジア最終予選

サウジアラビア戦に臨む日本代表(ロイター)
サウジアラビア戦に臨む日本代表(ロイター)

サッカーの日本代表は7日(日本時間8日未明)、サウジアラビアのジッダで、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組第3戦のサウジアラビア戦に臨み、0-1で敗れた。3試合を終えて日本は1勝2敗の勝ち点3と出遅れ、W杯出場権獲得に早くも黄色信号がともりつつある。

日本は後半26分、柴崎(レガネス)から吉田(サンプドリア)へのバックバスがずれ、フリーになったボールを相手選手に奪われた。ドリブルからGK権田(清水)と1対1の局面を作られて痛恨の決勝点を許した。

日本は12日にさいたま市の埼玉スタジアムで、アジア最終予選第4戦のオーストラリア戦に臨む。