リニア車両「快適性向上」 JR東海が改良型でPR - 産経ニュース

メインコンテンツ

リニア車両「快適性向上」 JR東海が改良型でPR

リニア中央新幹線の試験車「L0系改良型」=8日午後、山梨県都留市
リニア中央新幹線の試験車「L0系改良型」=8日午後、山梨県都留市

JR東海の山梨リニア実験センターの大島浩所長ら同社関係者は8日、リニア中央新幹線の報道向け試乗会で取材に応じ、改良型試験車について「ここ1年、快適性の向上に取り組んでいる」とアピールした。開業に向け、さらなる性能の改善を急ぐ。

リニア中央新幹線の試験車は「L0系改良型」。先端が丸みを帯び空気抵抗が少なく、白を基調に青色ストライプが入った車体色で斬新なイメージ。座席も幅を広げ、くつろげるよう配慮されている。

リニア中央新幹線の試験車「L0系改良型」の座席=8日午後、山梨県都留市
リニア中央新幹線の試験車「L0系改良型」の座席=8日午後、山梨県都留市

車輪走行から車体浮上に移行する際の振動や走行時の騒音低減などが改善ポイントとされており、1日平均で1500~2千キロ、多い日では約3千キロに及ぶ走行試験を行い、データ分析を重ねているという。