日大理事らを背任容疑で逮捕、2億円流出疑い 東京地検 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日大理事らを背任容疑で逮捕、2億円流出疑い 東京地検

井ノ口忠男容疑者(右)と籔本雅巳容疑者(日大HPから)
井ノ口忠男容疑者(右)と籔本雅巳容疑者(日大HPから)

日本大学の付属病院の建設工事をめぐり資金を外部に流出させ、日大側に損害を与えたとして、東京地検特捜部は7日、背任容疑で、日大の関連会社の取締役を務める日大理事、井ノ口忠男容疑者(64)と大阪市内の医療法人グループ「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳容疑者(61)を逮捕した。特捜部は、2人が共謀して不正な資金移動をしていたとみて、さらに捜査を進める。

逮捕容疑は、昨年2月、井ノ口容疑者が取締役を務める関連会社「日本大学事業部」(東京都世田谷区)が、日大から契約交渉などの業務を委託された医学部付属板橋病院(板橋区)の建て替え計画事業の設計・監理業者選定に関し、都内の設計会社が1位になるように評価点を改竄(かいざん)。

同7月に日大側から業務の着手金として約7億3千万円をこの設計会社に支払わせた上で、8月に、設計会社の口座から籔本容疑者が全株式を保有するコンサル会社に2億2千万円を送金させて、日大側に損害を与えたとしている。

送金先となったコンサル会社は、業務実体のないペーパーカンパニーだった。

特捜部は9月に日大本部や日大事業部などを背任容疑の関係先として家宅捜索。大学トップの田中英寿(ひでとし)理事長(74)にも任意で事情聴取したが、田中氏は資金流出について「知らない」などと関与を否定している。