拳銃所持疑い負傷の男逮捕 「知人が撃った」は虚偽か

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

埼玉県志木市の荒川付近で拳銃を所持したとして、県警は7日、銃刀法違反(所持)の疑いで、東京都練馬区豊玉南の無職、中島恒巳容疑者(56)を逮捕した。中島容疑者は9月、河川敷で血を流して倒れているのが見つかり「知人に撃たれた」と説明。県警は当初、殺人未遂事件として捜査したが、拳銃自殺を図った疑いが強まり、説明は虚偽と判断した。

逮捕容疑は9月19日、拳銃と複数の実包を所持した疑い。同日、左胸を負傷した状態で見つかり、病院に搬送されていた。

県警によると、近くの川底で拳銃が見つかり、容疑者から経緯を聴いたところ「自殺するためだった」と容疑を認めた。拳銃の入手ルートを詳しく調べる。