<独自>旭日旗批判に韓国語動画で反論 外務省配信へ

外務省
外務省

外務省が8日から、旭日旗に対する誤った批判に反論する動画を韓国語などで配信することが7日、分かった。すでに英語版の動画を配信しており、旭日旗への「侵略や軍国主義の象徴」といった批判が的外れであることを韓国人ユーザーらにも伝えたい考えだ。

動画は2分間で、外務省のユーチューブチャンネルで配信される。英語版は9月6日の配信以来、再生回数を伸ばし、10月7日現在で1万5千回を超えている。8日からは韓国語を含む8つの外国語と日本語で配信する。

旭日旗が日の出をかたどり、節句、還暦、結婚祝い、大漁旗、スポーツ観戦など幅広い機会で使用されると説明。海上自衛隊艦艇が平成10年に韓国・釜山に寄港したときなども艦上に旭日旗が掲げられたことや、日の出を模した柄が20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の場でも使用されている様子を紹介している。

旭日旗をめぐっては、今夏の東京五輪で、韓国のオリンピック委員会を兼ねる大韓体育会が国際オリンピック委員会(IOC)に対し、旭日旗の持ち込みや使用について懸念を伝えた。また30年に韓国で行われた国際観艦式では、韓国から旭日をあしらった自衛艦旗の掲揚自粛を求められ、海自が参加を見送った。

こうした経緯を踏まえ、外務省幹部は「第三国の方の中には、旭日旗の意味をよく知らないままにプロパガンダに乗ってしまうことがあり得る」と指摘する。

旭日旗に関する対日批判をめぐり、政府はこれまで官房長官や外務省報道官らの記者会見で反論してきたほか、日本が不当に非難された場合には在外公館を通じて申し入れを行うといった対応を続けてきた。今回の動画配信で、日本の主張の正当性を一般の人向けにより分かりやすく伝えたい考えだ。旭日旗を通じた対日批判の異様さを強調する狙いもある。

外務省幹部は「今後も不適切な事案はあり得る」と警戒。「動画配信は外交の『武器』を1つ増やす意味合いがある」と話している。