米、債務上限を2カ月拡大 デフォルト回避へ共和党が提案 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米、債務上限を2カ月拡大 デフォルト回避へ共和党が提案

米上院共和党トップのマコネル院内総務=6日、ワシントン(UPI=共同)
米上院共和党トップのマコネル院内総務=6日、ワシントン(UPI=共同)

米議会上院で6日、連邦政府の借入限度額を定めた債務上限に関し、12月まで2カ月間に限り一時拡大する案が浮上した。政府資金が今月18日にも枯渇し、米国債がデフォルト(債務不履行)に陥る事態を一時的に回避する。野党共和党が提案し、与党民主党の複数の上院議員が受け入れる姿勢を示した。

民主党の上院指導部は正式な見解をまだ表明していない。債務上限は8月に復活し、与野党の対立で引き上げ措置などがまとまらず、米経済の懸念材料となっている。

上院共和党トップのマコネル院内総務は声明で「民主党がつくり出した短期的な危機から米国民を守る」と強調した。ただ、今回合意できた場合も約2カ月後には再度対応することが必要となり、債務上限を巡る曲折が続くことになりそうだ。(共同)