日銀 5地域景気判断下げ 消費低迷や車生産停滞

日本銀行本店=東京都中央区
日本銀行本店=東京都中央区

日銀は7日公表した10月の地域経済報告(さくらリポート)で、全国9地域のうち東北など5地域で景気判断を7月の前回報告から引き下げた。北陸など4地域は判断を据え置き、判断を引き上げた地域はなかった。新型コロナウイルス禍の長期化に伴う個人消費の低迷や半導体の供給不足による自動車関連の生産停滞が響いた。

項目別に見ると、個人消費は東北、東海、近畿、中国、四国の5地域で判断を引き下げた。残り4地域は判断を据え置いた。

生産は、東海など4地域で判断を引き下げた。北海道など4地域は据え置き、引き上げたのは四国だけだった。