「准教授・高槻彰良の推察」 シーズン2はWOWOWで10日から - 産経ニュース

メインコンテンツ

「准教授・高槻彰良の推察」 シーズン2はWOWOWで10日から

「准教授・高槻彰良の推察 シーズン2」の完成報告会に出席した(左から)小池徹平、伊野尾慧、神宮寺勇太、岡田結実=9月29日、東京都渋谷区
「准教授・高槻彰良の推察 シーズン2」の完成報告会に出席した(左から)小池徹平、伊野尾慧、神宮寺勇太、岡田結実=9月29日、東京都渋谷区

フジテレビで8、9月に放送されたドラマ「准教授・高槻彰良(あきら)の推察」のシーズン2が10日から、WOWOWで放送される。放送に先立ち都内で完成報告会が行われ、主演の伊野尾慧(いのお・けい)は「シーズン1から続けられるのはうれしい。多くの人に愛していただけたら」と力を込めた。

ドラマは澤村御影(みかげ)の「准教授・高槻彰良の推察シリーズ」(角川文庫)が原作で、WOWOWと東海テレビが共同制作。見たものをすべて覚えられる完全記憶能力を持つ准教授、高槻彰良(伊野尾)と噓を見抜く力を持つ大学生、深町尚哉(神宮寺勇太)が、次々起こる怪異事件の真相を明らかにしていくミステリーだ。

シーズン2は、シーズン1の1年後という設定。原作には出てこないフリーカメラマン、寺内一(小池徹平)が加わり、物語の重要なかぎを握る。「高槻の過去が少しずつ明らかになっていき、小池さん演じる寺内と対峙(たいじ)する中で思い悩む瞬間もある」(伊野尾)という。高槻と深町のコンビも関係が深くなり、「シーズン1では高槻先生に引っ張ってもらったが、2では尚哉が成長した姿が見られる」と神宮寺も見どころをアピールする。

シーズン2(全8話)は10日から、毎週日曜午後11時放送(初回は無料放送)。WOWOWオンデマンドでも配信される。