参院静岡、山口の2補選告示 岸田新政権、衆院選へ前哨戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

参院静岡、山口の2補選告示 岸田新政権、衆院選へ前哨戦

参院静岡選挙区補欠選挙が告示され、立候補者の演説を聞く有権者ら=7日午前、静岡市
参院静岡選挙区補欠選挙が告示され、立候補者の演説を聞く有権者ら=7日午前、静岡市

岸田文雄政権発足後初の国政選挙となる参院静岡、山口両選挙区の補欠選挙が7日、告示された。いずれも与野党が争う構図で、政府の新型コロナウイルス対策の是非などが争点。投開票は24日に行われ、次期衆院選(19日公示、31日投開票)の前哨戦として注目される。

与党は新政権発足を勢いに2勝し、次期衆院選に向けた弾みにしたい考え。一方、野党は静岡で立憲民主、国民民主両党と共産党の間で候補を一本化できず、山口でも統一候補擁立は実現しなかった。

静岡補選は6月の知事選に立候補して敗れた自民の岩井茂樹氏の、山口は衆院選山口3区にくら替え出馬する自民の林芳正氏の議員辞職に伴い実施される。

静岡補選には、自民新人で元御殿場市長の若林洋平氏(49)=公明推薦、無所属新人で元県議の山崎真之輔氏(40)=立民、国民推薦、共産新人で党県常任委員の鈴木千佳氏(50)が立候補を届け出た。

山口補選は、自民元職で元経済産業政務官の北村経夫氏(66)=公明推薦、共産新人で元県議の河合喜代氏(61)=社民支持、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」新人で元動画配信業のへずまりゅう氏(30)が立候補を届け出た。