国枝選手、豪快に始球式 車いすから速球投げ込む - 産経ニュース

メインコンテンツ

国枝選手、豪快に始球式 車いすから速球投げ込む

始球式に登場した国枝慎吾さん=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
始球式に登場した国枝慎吾さん=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

東京パラリンピックの車いすテニス男子シングルスで金メダルを獲得した、千葉県柏市出身の国枝慎吾選手(37)が7日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで行われたプロ野球・千葉ロッテ-東北楽天戦で始球式を務めた。

Tシャツ姿の国枝選手は、車いすをこいで登場。マウンドの少し前から座ったまま投げると、速球がノーバウンドでキャッチャーのミットに収まった。

国枝選手にとって「人生初の始球式」だったという。国枝選手はコメントで、「9歳で病気を患う前までは、根っからの野球選手でした。今は車いすテニス選手であることを誇りに思っています」と、野球への思いを述べていた。

東京パラリンピックで日本選手団の主将も務めた国枝選手。男子シングルスでは、2大会ぶり3度目の金メダルを獲得し、大舞台で期待に応えた。