日本のコロナ感染減少は「政府が数字改竄」 韓国で疑いの声 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本のコロナ感染減少は「政府が数字改竄」 韓国で疑いの声

韓国国旗
韓国国旗

【ソウル=時吉達也】日本で新型コロナウイルスの感染者が大幅に減少し、緊急事態宣言が解除されたことに対し、韓国では日本の状況改善を疑問視する声が上がっている。韓国では厳しい防疫対策が長期化しながらも感染者数が横ばいで推移しており、一部では日本政府が公表した感染者数が改竄(かいざん)されたとする報道も展開された。

1日当たりの新規感染者数は、日本が8月下旬の2万人台から今月4日には約600人まで急激に減少したのに対し、韓国は約3カ月間、1000~3000人台が続いている。

「自民党選挙で勝つのに、一番負担になるのがコロナだ」。韓国で最も人気が高く、与党幹部らもたびたび出演する時事ラジオ番組「金於俊(キム・オジュン)のニュース工場」で4日、左派系の時事評論家、金於俊氏は自民党政権が10月31日投開票の衆院選で勝利するため、PCR検査数を減らし感染者数を抑制しているとの持論を展開した。

金氏は「1カ月で感染者が10分の1になるなんてことはない。そんなやり方があれば世界はとっくにコロナを撃退している」と訴え、「政府が詐欺行為を働いてはいけない」と非難。主張の根拠は示さず、「日本メディアも(日本政府の不正を)指摘できずにいる」とした。

保守系の中央日報は日本国内の急激な感染者数減少について「(日本の)専門家も明確な説明を出せずにいる」と指摘。ワクチン効果や人口移動の減少が複合的に作用したとの分析を紹介した上で、「検査の減少による『錯視効果』」の可能性にも言及した。

韓国では1日当たりの新規感染者数が1000人を超えた7月上旬以降、首都圏の夜の飲食店利用が原則2人までに制限されるなど、厳しい防疫対策がとられてきた。日本に対する根拠のない「不正集計」などの主張が登場する背景には、事態が好転しない国内状況へのいらだちもあるとみられる。

ワクチン接種率は日本が1回目71・7%、完了61・5%(5日時点)に対し、韓国はそれぞれ77・5%、54・5%(6日時点)となっており、大きな違いはない。