暴力団員隠して協力金申請疑い 的屋の男ら逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

新型コロナウイルス対策に応じた事業者らへ支払う東京都の感染拡大防止協力金50万円を詐取したとして、警視庁組織犯罪対策4課などは詐欺の疑いで、暴力団杉東会幹部の高田晴尉(はるやす)容疑者(48)=東京都板橋区幸町=と杉並区和泉の露天商、大木将平容疑者(35)を逮捕した。高田容疑者と大木容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は共謀の上、暴力団員などに該当しないことが申請要件になっているにも関わらず虚偽の申請を行い、昨年7月28日、都から協力金50万円を詐取したとしている。

同課によると、高田容疑者はたこ焼き屋などの的屋を営んでおり、大木容疑者も高田容疑者の下で的屋を営んでいた。高田容疑者は他の協力金の申請も行っており、総額300万円詐取していたとみられる。