参院山口補選告示 衆院選へ熱帯びる前哨戦(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

参院山口補選告示 衆院選へ熱帯びる前哨戦

出陣式でマイクを握る北村経夫氏(中央)=山口市
出陣式でマイクを握る北村経夫氏(中央)=山口市

自民党の林芳正元文部科学相の辞職に伴う参院山口選挙区補欠選挙(24日投開票)が7日、告示され、自民元職で元経済産業政務官の北村経夫(66)=公明推薦、共産新人で元県議の河合喜代(61)=社民支持、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」新人で元動画配信業のへずまりゅう(30)の3氏による選挙戦の火ぶたが切られた。与野党とも次期衆院選(19日公示、31日投開票)の行方を占う試金石と位置付け、衆院選立候補予定者や党幹部が応援に入るなど、前哨戦が熱を帯びている。

街頭演説で支持を呼び掛ける河合喜代氏(左から3人目)=山口県宇部市
街頭演説で支持を呼び掛ける河合喜代氏(左から3人目)=山口県宇部市

北村氏は、山口市の維新百年記念公園で開いた出陣式で「新型コロナウイルスや中国の台頭など、この難局は自民党以外、乗り切ることはできない」と力を込め、支持を呼び掛けた。

衆参ともに選挙区の議席を自民が独占する全国有数の保守王国である山口県。共産候補との事実上の一騎打ちで陣営がもくろむのは、衆院選へ弾みをつける圧勝劇だ。北村氏は「来る衆院選直前の重要な選挙だ。圧倒的な勝利を目指す」と声を張り上げた。