NATO、ロシア外交官8人を追放 「未申告情報員」

ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部に掲げられたNATO旗(中央)を囲む加盟国旗(共同)
ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部に掲げられたNATO旗(中央)を囲む加盟国旗(共同)

北大西洋条約機構(NATO)当局者は6日、在ブリュッセルのロシアのNATO代表部に所属する外交官8人を「未申告の情報部員」だとして事実上の追放処分としたと明らかにした。「未申告の情報部員」はスパイを意味する。同代表部に対して認める外交官の数を最大20人から10人に半減することも決めた。

NATO当局者は「NATOの対ロ政策は一貫している。ロシアの攻撃的な行動に対応し、抑止力と防衛を強化してきたが、同時に意味のある対話に扉を開けている」と述べた。

英スカイニューズ・テレビによると、今回の動きは2014年にチェコの弾薬庫で起きた死者を伴う爆発事故にロシアが関与した疑いが明らかになったことを受けたものだという。

NATOは18年にも、英南部で元ロシア情報機関員が神経剤で襲撃された事件への対抗措置として、外交官7人を追放した。(共同)