パキスタン南西部で地震 20人死亡200人負傷、救出難航 - 産経ニュース

メインコンテンツ

パキスタン南西部で地震 20人死亡200人負傷、救出難航

7日、地震後に病院の外に集まる人々=パキスタン・ハルナイ(QUETTAVOICE.COM提供・ロイター=共同)
7日、地震後に病院の外に集まる人々=パキスタン・ハルナイ(QUETTAVOICE.COM提供・ロイター=共同)

米地質調査所(USGS)によると、パキスタン南西部バルチスタン州ハルナイ近郊で7日午前3時1分(日本時間同7時1分)、マグニチュード(M)5・7の地震があった。州当局によると、少なくとも20人が死亡、200人が負傷した。

民放ジオテレビなどによると、州内では余震が続いた。土壁でつくられた簡素な住宅や炭鉱が崩壊し、埋もれた人がいるとみられる。土砂崩れで道路がふさがれ、重機を使った救出活動は難航。死傷者が増える可能性がある。

同州の一部地域では停電が起きた。負傷者が運ばれた病院では、スマートフォンの明かりを照らしてストレッチャーに乗せられた負傷者の治療が行われた。

USGSによると、震源の深さは20・8キロ。

パキスタンでは2005年、北東部でM7・6の地震が起き、7万4千人以上が死亡した。ロイター通信によると1935年、バルチスタン州の州都クエッタで3万~6万人が死亡したとされる地震が発生した。

(共同)