薬剤誤投与し一時心停止 救急搬送の女性 - 産経ニュース

メインコンテンツ

薬剤誤投与し一時心停止 救急搬送の女性

千葉市は7日、食後に重いアレルギー反応が出るアナフィラキシーを起こして搬送された10代女性に、救急隊員が誤ってアドレナリンを点滴するミスがあったと明らかにした。女性は投与直後に心臓が一時停止、現在は集中治療を受けている。市が経緯を調べている。

市によると、3日午後10時10分ごろ、同市若葉区の女性から「食後息が苦しい」と通報があった。女性はアナフィラキシーの症状を呈し、救急車内で20代の救急救命士が女性にアドレナリンを点滴したところ、容体が急変した。午後10時45分ごろ市内の病院に搬送されたが、致死的な不整脈と診断された。

救急救命士は医師の指示があれば、心停止した傷病者に対し、限られた量のアドレナリンを投与することができるが、女性は意識があり会話もできる状態だった。