オリ、連勝ストップ 中嶋監督「明日から全部勝つ」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

オリ、連勝ストップ 中嶋監督「明日から全部勝つ」

【オリックス―日本ハム】九回、見逃し三振に倒れるオリックスのT―岡田。日本ハムの捕手清水が代走佐野皓の二盗を阻止し、併殺となった=10月6日、京セラドーム大阪(薩摩嘉克撮影)
【オリックス―日本ハム】九回、見逃し三振に倒れるオリックスのT―岡田。日本ハムの捕手清水が代走佐野皓の二盗を阻止し、併殺となった=10月6日、京セラドーム大阪(薩摩嘉克撮影)

6日の日本ハム戦で、オリックスは1点を追う九回、先頭の杉本が四球を選び、打席にはT-岡田。スタンドのファンの期待は最高潮となったが、見逃し三振に倒れ、代走の佐野皓が盗塁失敗の「三振ゲッツー」。チャンスは一気につぶれて2-3で敗れ、連勝は8でストップした。

しのぎ切れなかった。前回登板でプロ初勝利を挙げた先発の山崎颯は四回途中1失点で降板。その後、救援の山田、比嘉は無失点でつないだが、七回から登板した4番手の海田が四球の後、3安打と犠飛で痛い2点を失った。

八回、打ちあぐねていた相手先発の上沢に代わって登板したB・ロドリゲスから、宗が適時打を放って追いすがったが届かず。ホームで走者を2度刺す好守も見せたが、中嶋監督は「この時期は勝ちを求めていかないと。いいゲームで終わらせてはいけない」と厳しい表情で語った。

2位のロッテは勝ち、ゲーム差は0・5に縮まった。連勝が止まってからの戦いが大切なのは誰もが分かっている。指揮官は「明日から全部勝つつもりでいくだけ」と力を込めた。 (鮫島敬三)