「あふれる愛国精神」櫻井よしこ氏 すぎやま氏死去 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「あふれる愛国精神」櫻井よしこ氏 すぎやま氏死去

作曲家のすぎやまこういちさん=2017年1月14日、京都市中京区(寺口純平撮影)
作曲家のすぎやまこういちさん=2017年1月14日、京都市中京区(寺口純平撮影)

人気ゲーム「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」シリーズの音楽などを手掛けた作曲家、すぎやまこういち(本名・椙山浩一)氏の死去について、国家基本問題研究所の櫻井よしこ理事長は産経新聞の取材に対し、次のように語った。

「10年以上前、すぎやまこういちさんから連絡をいただいて以来、非常に親しくしていただき、家族ぐるみのお付き合いだった。歴史問題をめぐり、日本が国際社会でおとしめられているのに唯々諾々として反論しない状況に、すぎやまさんは「僕は悔しくてたまらないんだよ」とおっしゃっていた。

すぎやまさんは世界的な作曲家で、慰安婦問題に言及すればマイナスな面もあったかもしれないが、全く気にする様子がなく、日本のためなのだから当たり前だというお考えだった。

7月23日の東京五輪開会式ですぎやまさんが作曲した『ドラゴンクエスト』の曲が流れてきた際、すぐに電話をしたら「ありがとー」とお元気そうな声でうれしそうに応じてくれた。

いつも非常に明るく、楽しい人でありながら、日本国を守るための言論活動を支え、国基研の活動にも積極的に参加していただいた。日本国を大事に思う愛国の精神にあふれた人だった。国基研の理事長としてこれ以上ないくらい感謝している」