震災遺構・請戸小24日開館 津波と原発事故、後世へ

震災遺構の請戸小の校舎内=福島県浪江町
震災遺構の請戸小の校舎内=福島県浪江町

平成23年3月11日に起きた東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被害に遭った福島県浪江町立請戸小が、教訓を後世に伝える震災遺構として今月24日から一般公開されることになり、7日報道陣向けの内覧会があった。高さ約15メートルの津波にのまれた校舎1階は、壁が剝がれ天井に書類が引っ掛かったままを保存、2階には行方不明者の捜索に当たった自衛隊員らがメッセージを残した黒板などが展示されている。

原発事故の影響が続く福島県では初めての震災遺構となる。

同校は福島第1原発の北約5キロ、海岸から約300メートルに位置。周辺は約6年間、避難指示区域となった。

震災時、校内に児童と教員の計95人がいたが、地震直後に校長の誘導で約1キロ離れた高台への避難を開始して全員無事だった。