山本、鈴木誠が連続受賞 プロ野球9月のMVP

セ、パ両リーグは6日、9月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは広島の床田と鈴木誠、パはオリックスの山本とソフトバンクの柳田が選ばれた。山本は6月と7、8月に続く3期連続で通算4度目。鈴木誠は2期連続で2度目の受賞となった。柳田は8度目で床田は初受賞。

床田は4試合で1完封を含む3勝(1敗)、防御率0・93と安定した投球を続けた。鈴木誠は6試合連続を含む13本塁打を放ち、打率3割8分1厘もリーグトップだった。広島勢の同時受賞は2006年7月の黒田、栗原以来。

山本はリーグトップタイの4勝を挙げ、34奪三振は同2位、防御率0・90は同3位だった。3期連続の選出は、楽天の田中将が13年に5期連続で受賞して以来。柳田は打率3割5分8厘、長打率6割1分7厘がリーグトップで、29安打もトップタイだった。