生活保護申請、5・6%増 7月、厚労省発表 - 産経ニュース

メインコンテンツ

生活保護申請、5・6%増 7月、厚労省発表

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館(納冨康撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館(納冨康撮影)

厚生労働省は6日、7月の生活保護申請は2万757件で、前年同月と比べ5・6%増えたと発表した。7月から生活保護を受け始めたのは1万7201世帯で前年同月比7・3%増。一方、全体の受給者数は203万8416人で、昨年7月と比べて0・7%減少した。受給世帯は164万186世帯で、単身の高齢者世帯が約半数を占める。