東証、一時300円超高 米株高、下落反動買いも - 産経ニュース

メインコンテンツ

東証、一時300円超高 米株高、下落反動買いも

東京証券取引所の電光掲示板=東京・日本橋兜町
東京証券取引所の電光掲示板=東京・日本橋兜町

6日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。前日の米株式市場が反発した流れを引き継ぎ、買いが先行した。前日の平均株価が大幅に下落したため、反動買いもあり、前日終値に比べた上げ幅は一時300円を超えた。5日のニューヨーク原油先物相場では、指標となる米国産標準油種(WTI)が約7年ぶりの高値となった。

日経平均株価は午前10時現在、前日終値比215円64銭高の2万8037円76銭。東証株価指数(TOPIX)は20・89ポイント高の1968・64。

米国で5日に発表された9月の非製造業関連の経済統計が堅調で、景況感が改善。ダウ工業株30種平均やハイテク株主体のナスダック総合指数が反発した。

平均株価は5日まで7営業日連続で下落した。5日は原油高や岸田新政権への期待感低下から下げ幅が大きかった。一方、6日は割安感の出た機械や半導体関連銘柄を中心に買いが入り、相場を支えた。