千葉・八街の児童5人死傷事故、初公判で起訴内容認める - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉・八街の児童5人死傷事故、初公判で起訴内容認める

梅沢洋被告
梅沢洋被告

千葉県八街市で6月、下校中の市立朝陽小学校の児童の列に飲酒運転のトラックが突っ込み5人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた同市の運転手、梅沢洋被告(60)の初公判が6日、千葉地裁(金子大作裁判長)で開かれ、梅沢被告は、「(間違い)ないと思います」と起訴内容を認めた。

紺色のシャツに黒のジャケット、紺色のパンツで出廷した梅沢被告は、椅子に深く腰掛け、終始うつむきがちだった。法廷で事故前の防犯カメラの様子がモニターに映し出されると、時折大きく息を吐く場面も見られた。

検察側は冒頭陳述で、「被告人は令和2年中には飲酒した状態で運転するようになった」と常習性を指摘。「取引先から『酒の臭いがする』と苦情があり、注意されたにもかかわらず、聞き流して運転を続けた」と非難した。

証拠調べでは、梅沢被告が事故前にコンビニでカップ入りの焼酎を購入したことや、事故直後に車内から酒の臭いがする空のカップが見つかっていたことなども明らかになった。

起訴状などによると、梅沢被告は6月28日、千葉市花見川区の京葉道路幕張パーキングエリアに止めた車内で飲酒し、午後2時55分ごろに運転を再開。約30分後、八街市内の市道を時速約56キロで走行中にアルコールの影響により、居眠り状態に陥り、左側の電柱に衝突した後、児童の列に突っ込み、谷井勇斗君(8)=当時=と川染凱仁君(7)=同=を死亡させ、女児(8)=同=に全治不明の重症頭部外傷など、男児(7)=同=に全治3カ月以上の右足骨折など、男児(6)=同=に全治3カ月以上の脳損傷などの重傷を負わせたとしている。

この日の法廷では、弁護側の冒頭弁論が行われず、弁護人は閉廷後取材陣に対し、「何もお答えできません」と述べるにとどまった。

第2回公判は11月15日午後1時30分から同地裁で開かれる予定。