「望郷じょんから」の作詞家、里村龍一さん死去 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「望郷じょんから」の作詞家、里村龍一さん死去

作詞家・里村龍一氏
作詞家・里村龍一氏

里村龍一氏(さとむら・りゅういち、本名・鈴木政市=すずき・まさいち=作詞家)5日、アルコール性肝硬変のため死去、72歳。通夜は14日午後6時、葬儀・告別式は15日午前10時半、東京都中央区築地3の15の1、築地本願寺第二伝道会館で。喪主は妻、綾子(あやこ)さん。

昭和60年、細川たかしの「望郷じょんから」で日本作詩大賞を受賞。他に千昌夫の「望郷酒場」、香西かおりの「流恋草」などを手掛け、日本作詩家協会会長も務めた。