真鍋さんノーベル賞で気象庁長官が談話「研究分野を進展させ、情報提供に努める」

気象庁の長谷川直之長官
気象庁の長谷川直之長官

気象庁の長谷川直之長官は6日、米プリンストン大上席研究員の真鍋淑郎さん(90)のノーベル物理学賞受賞が決まり「職員一同にとって大きな喜びであり大変励みになる。真鍋先生が切り開いてきた研究分野をより進展させ、気候変動の諸課題に対応するための科学的情報の提供に努めてまいります」との談話を発表した。