CS進出のヤクルト中村、殊勲の適時打「阪神倒す」

【プロ野球ヤクルト対巨人】 5回 適時二塁打を放つヤクルト・中村悠平 =神宮球場(撮影・長尾みなみ)
【プロ野球ヤクルト対巨人】 5回 適時二塁打を放つヤクルト・中村悠平 =神宮球場(撮影・長尾みなみ)

セ・リーグは6日、首位ヤクルトが3位巨人に3―0で勝ち、今季の3位以上を確定させ、3年ぶり6度目のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

6番打者が貴重な先制点を呼び込み、ヤクルトにCS進出をもたらした。五回1死一塁、中村は巨人先発メルセデスの甘い外角直球を見逃さず、右中間を深く破る適時二塁打。「うまく抜けてくれてよかった」。塁上でガッツポーズし感情を爆発させた。

6月以降打順が2番から6番に変わり、存在感を増した。この日3打数1安打で打率はリーグ10位に浮上。「つなぐ意識を持って打席に立っている」とオスナ、サンタナという強打者の間にアクセントを加える。高津監督は「一発こそないが自分の立ち位置を理解して打席に立ってくれている」と称賛した。

捕手としての責務も果たした。一回、強肩を生かして先頭の松原の盗塁を阻止。高めに球が浮きがちな先発サイスニードの手綱を締め、5回無失点で切り抜けた。続く4人の救援陣にも各イニングを三者凡退に導く好リードで、完封リレーを完成させた。

巨人、阪神との6連戦でチームは幸先よく2連勝スタート。お立ち台で中村は「勝ちたい思いが出ている。連勝を続けて週末は阪神を倒す」。勢いそのままに頂点へ駆け上がる。(五十嵐一)