独社民党、政権樹立へ前進 3党連立協議、本格化 - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

独社民党、政権樹立へ前進 3党連立協議、本格化

ドイツ・社会民主党(SPD)のショルツ財務相(ロイター=共同)
ドイツ・社会民主党(SPD)のショルツ財務相(ロイター=共同)

9月のドイツ連邦議会(下院)選挙で第3党になった環境保護政党「緑の党」と第4党の中道、自由民主党(FDP)の両党は6日、第1党の中道左派、社会民主党(SPD)との3党連立政権樹立に向け、協議を進めるとの考えを示した。3党は7日に会合予定。SPD政権の樹立に不可欠な両党の連立参加に向け前進した。

SPD政権が発足した場合、ショルツ財務相(63)が新首相に就く。メルケル首相の保守系、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)も両党との連立を求めてきたが、大きな打撃となった。

緑の党とFDPが新政権樹立に向けキャスチングボートを握る。緑の党はSPDと同じリベラル系政党で、ベーアボック共同代表は6日、SPDとの連立は「合理的だ」と述べた。

経済重視でSPDと政策面の隔たりがあるFDPのリントナー党首も、SPDとの協議に集中するとした。

ただ緑の党、FDPともSPDとの協議が決裂した場合に備え、CDU・CSUとの連立の可能性も排除しない構え。(共同)