現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月6日

1997年5月に行われた英国の総選挙では労働党が圧勝し、保守党から18年ぶりに政権を奪回した。43歳の若さで首相の座についたトニー・ブレア氏が掲げたのが、「第三の道」だ。「小さな政府」のサッチャー主義でも、従来の社会主義でもない。ちょうどロンドン支局に赴任したばかりの小欄の目には、ひたすらかっこよく映ったものだ。

▼妻のシェリーさんは凄腕(すごうで)の弁護士として知られ、年収は日本円にして5千万円を超えていた。スーパーウーマンと呼ぶのにふさわしい人物とは誰か。当時ある私立高校で行われたアンケートで、シェリーさんは1位だった。ちなみに2位はダイアナさん、3位はサッチャー元首相である。

▼ブレア氏は2007年6月に首相を退任する。この華やかなカップルの消息が久しぶりに伝えられた。残念ながら芳しくない内容である。

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【新聞に喝!】東京新聞のクラウゼビッツ珍解釈 日本大教授・小谷賢

  3. 【産経抄】2月5日無料プラン記事

  4. 【主張】荒井秘書官更迭 緊張感の欠如が目に余る

  5. 【論説委員 日曜に書く】木村さやか 本当の「社会化」はいつか

  6. 【ソウルからヨボセヨ】今さら〝戦犯企業〟だと?

  7. 【産経抄】2月4日無料プラン記事

  8. 【主張】スポーツと暴力 指導者教育の徹底を望む

  9. 【主張】「徴用工」の韓国案 懸念の点がいくつもある

  10. 【正論】核兵器放棄の期待は非現実的だ 日本は核兵器以外の手段による「相互確証破壊」で対抗せよ 東京国際大学教授・村井友秀