【社説検証】自民党総裁選 「安倍政治から脱却を」朝毎 産経「国民守り抜く政治を」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

社説検証

自民党総裁選 「安倍政治から脱却を」朝毎 産経「国民守り抜く政治を」

自民党総裁選で新総裁に選出され、拍手に応える岸田文雄氏=9月29日、東京都港区(春名中撮影)
自民党総裁選で新総裁に選出され、拍手に応える岸田文雄氏=9月29日、東京都港区(春名中撮影)

最後まで混戦模様だった自民党総裁選は、岸田文雄元政調会長が決選投票の末に河野太郎前ワクチン担当相を大差で破って勝利した。岸田氏は国会の首相指名選挙で第100代の首相に選出され、新政権が発足した。

4氏が立候補した総裁選では活発な政策論争が繰り広げられ、各候補の政治信条や個性も吟味された。その結果、当初の予想とは異なり、岸田氏が1回目の投票からトップに立ち、世論調査で高い支持を得ていた河野氏は思うように票を伸ばせなかった。

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置が延長されてきたが、感染者の減少に伴って今月からようやく全面的に解除された。菅義偉前政権ではコロナ対策で不手際が続いただけに、総裁選を受けた主要紙の社説では新首相となる岸田氏に対し、国民への発信力を求める論調が目立った。

産経は「これからは政策遂行で信頼を集めてほしい。そこで最も重要となるのは、危機の時代にあって、国民を守り抜く政治を行うことだ」と強調し、「感染の第6波や未知の変異株登場に備え、医療提供体制の拡充を必ず実現してもらいたい」と訴えた。

読売は「混戦での勝利をもたらしたのは、堅実さと安定感への期待だろう。指導力を発揮し、着実に政策を遂行してほしい」と指摘した。そして「新型コロナウイルス流行は危機的状況を脱し、日本社会は次の一歩を踏み出す局面にある。国政を預かる最高責任者として、緊張感を持って臨まねばならない」と注文を付けた。

これに対し、毎日は「菅義偉首相の出馬断念を受けて行われた総裁選は、安倍晋三前政権からの約9年間をどのように総括するかが問われた」と論考した。そのうえで「にもかかわらず、論戦では新型コロナウイルス対策の失敗など安倍・菅政治の反省を踏まえ、そこからどのように脱却するかの突っ込んだ議論がなかった」と批判した。

朝日も「7年8カ月に及んだ安倍長期政権と、1年で行き詰まった菅政権の『負の遺産』にけじめをつけ、国民の信を取り戻せるか、その覚悟と実行力が厳しく問われる」と強調した。そして「安倍・菅政権の反省を踏まえた政策を推進するなら、安倍氏の影響力は拭い去らねばならない」と主張した。

一方、外交政策に注文したのは産経だ。「新型コロナと並んで取り組むべきは安全保障を確かなものにする努力だ。国民の生命を守り抜き、繁栄の基盤を確かなものにしなければならない」としたうえで、「国家国民を守るため、時には厳しい言葉や力強い態度で臨むことも必要である」と毅然(きぜん)とした外交を展開するように求めた。

高い支持率で発足した菅前政権は、新型コロナ対策をめぐる不手際で国民の支持を急速に失った。

この背景にある問題点について、日経は「何もかもうまく進んでいると力説するあまり、説明の全てがまやかしと思われたことにある」と分析し、「何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのかを率直に明らかにし、苦慮している姿勢をみせた方が理解を得られやすかったのではないか」と論じた。

岸田氏は自らの資質について「人の話を良く聞く」と繰り返している。人の話に耳を貸さない独善的な態度は論外だが、政治指導者に求められるのは人の話を聞いたうえで、最終的に何をどう実行するかを決める決断力であり、それを国民に丁寧に説明して理解を得る発信力だ。岸田氏にもそうした能力を発揮してもらいたい。(井伊重之)

■自民党総裁選をめぐる主な社説

【産経】

・国民を守り抜く首相たれ/信頼獲得へ政策遂行が重要だ

【朝日】

・国民の信を取り戻せるか

【毎日】

・「安倍・菅」路線から脱却を

【読売】

・政策を肉付けし安定政権築け/聞く力に実行力と発信力が必要

【日経】

・国民の声に耳を傾ける岸田政権に

【東京】

・結局「永田町の論理」か(いずれも9月30日付)