セアカゴケグモ発見 京都・舞鶴 - 産経ニュース

メインコンテンツ

セアカゴケグモ発見 京都・舞鶴

前島みなと公園で発見されたセアカゴケグモ(京都府舞鶴市提供)
前島みなと公園で発見されたセアカゴケグモ(京都府舞鶴市提供)

京都府舞鶴市は6日、前島みなと公園(同市浜)のテニスコートで、特定外来生物のセアカゴケグモが発見されたと発表した。メスは毒を持っており、刺されても軽症の場合がほとんどだが、高齢者や子供では危険な場合がある。同市は同公園周辺に張り紙を掲示して注意を促している。

同市によると、今月4日にテニスコートの利用者がクモ1匹を発見し、その場で駆除した。5日に公園の指定管理者から市に報告があり、確認したところ、セアカゴケグモと判明したという。

府内では平成17年10月に初めて確認され、府北部では同26年に宮津市で約50匹が初めて発見された。広域で生息しているとみられるが、府北部で発見されるのはめずらしいという。