岸田首相、拉致被害者家族と電話「積年の思い胸に全力で取り組む」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田首相、拉致被害者家族と電話「積年の思い胸に全力で取り組む」

記者団の質問に答える岸田文雄首相=6日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
記者団の質問に答える岸田文雄首相=6日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は6日、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(85)ら被害者の家族と5日に電話で会談したことを正式に明らかにした。首相官邸で記者団の取材に答えた。

首相は早紀江さんらとの会談について「就任のごあいさつをさせていただいた。新しい内閣においても拉致問題は最重要課題の一つであることをしっかり申し上げた」と説明。5日朝のバイデン米大統領との電話会談で拉致問題解決に向けて日米の連携を確認したことを報告したと明かした。

また、首相は「皆さまの積年の思いを聞かせていただいた。これをしっかり胸に1日も早い全ての拉致被害者帰国に向けて全力で取り組んでいきたい」と改めて決意を示した。