【浪速風】「日本バブル」までコピー - 産経ニュース

メインコンテンツ

浪速風

「日本バブル」までコピー

中国でバブル崩壊の懸念が高まっている。膨らんだのは、不動産価格の急上昇に引き寄せられた投機だ。ブームの過熱と格差拡大を問題視した政府が規制を強めた。すると、バブルを支えた不動産業界の資金繰りが厳しくなり、破綻が相次ぐようになったという。不動産会社に詰め寄る人々の様子が報じられている

▼バブル発生は市場主義経済の弱みである。何もこんなものまでコピーしなくてもいいのに。権威主義国家が制御できるのかお手並み拝見、と言いたいところだが、経済大国の動揺は世界に悪影響を与えかねず、みな心配している

▼市場主義とほぼワンセットで育ったのが民主主義社会。公正な情報に重きを置いて記録を公開、批判と検証を重ねるのが特長だ。手続きや合意形成に時間がかかるため、権威主義の方が有利ではないかとの見方もある。しかし、民主的に鍛えられた政策は耐久性を備える。市場主義をコピーするのなら、そのあたりをぜひ。