傍聴希望に280人超の列 再発防止への願いも込め - 産経ニュース

メインコンテンツ

傍聴希望に280人超の列 再発防止への願いも込め

下校中の小学生5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故の初公判で、傍聴券を求めて列をつくる人たち=6日午前、千葉地裁前
下校中の小学生5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故の初公判で、傍聴券を求めて列をつくる人たち=6日午前、千葉地裁前

千葉県八街市で小学生5人が死傷した事故の初公判が開かれる千葉地裁前では6日午前、新型コロナウイルス対策で減らされた一般傍聴用の27席を求め、284人が列を作った。再発防止への誓いを込めて並ぶ運送業界関係者の姿もあった。

東京都府中市のバス運転手の坂谷透さん(51)は社内に公判の内容を伝え、安全対策に役立てたいと考え訪れたといい、被告に関して「精神的に(酒に)依存していたのか、そこも知りたい」と話した。

6月末に発生した事故。通学路だった現場には、死亡した2人を悼み多くの人が献花に訪れ、10月に入っても花が手向けられていた。