反体制派の毒殺未遂でロシアに説明要求 米など45カ国が質問状 - 産経ニュース

メインコンテンツ

反体制派の毒殺未遂でロシアに説明要求 米など45カ国が質問状

ロシア反体制派ナワリヌイ氏(モスクワ市裁判所提供、タス=共同)
ロシア反体制派ナワリヌイ氏(モスクワ市裁判所提供、タス=共同)

ロシアの反体制派ナワリヌイ氏が昨年8月、毒殺未遂に遭った事件で、米国を含む計45カ国は5日、ロシアに経緯の説明を求める質問状を提出した。米国務省によると、化学兵器禁止条約に基づく措置で、ロシアは10日以内に回答する必要があるという。

ナワリヌイ氏はノビチョク系の神経剤で襲われたとされる。米国が主導して質問状を取りまとめ、化学兵器禁止機関(OPCW)の執行理事会が開かれているオランダ・ハーグでロシア側に渡した。

米英両政府は8月20日、毒殺未遂に関わったとされるロシアの情報機関関係者らへの追加制裁措置をそれぞれ発表。神経剤が使われたと改めて非難し、ロシアが調査を怠っているとの共同声明を発表した。(共同)